本文へスキップ

自動車整備士を目指すキミ、AKAMONはその夢への近道だ!!

TEL. 022-223-6031

〒980-0852 宮城県仙台市青葉区川内川前丁61

女子のページLady's Room

   

今、女性整備士に注目が集まっています。

近年は自動車整備士の不足が問題視されています。

そこで白羽の矢を立てられたのが、女性整備士です。

2017年12月には、国土交通省が現役の女性整備士を対象としたアンケート結果を公表するとともに、「女性が働きやすい環境づくりのためのガイドライン」を策定、公表しました。

国を挙げて、女性整備士を育成する動きが本格的に活発化してきています。

顧客サービスの向上の観点から、積極的に女性社員を採用しようとするディーラーも増えているようです。

女性だからこその繊細な感覚や、女性ならでは配慮や気配りは、大きな強みとすることができます。

また、女性整備士は、女性客からの支持が高く、接客がやわらかくて接しやすいといった意見がよく聞かれます。

現代は女性でも車に乗る人、あるいは車が欲しいと考える女性が増えています。

また、家族を持っている男性であれば、車購入時には必ずといっていいほど奥さんと相談することでしょう。

女性目線での店舗づくりを行うこと、サービスを提供することは、自動車ディーラーにとって非常に重要だといえます。

女性整備士は珍しいので、お客さんに覚えてもらいやすいという利点もありますね。

ほかの男性スタッフにも良い影響を与えることもあるそうです。

自動運転システムや電気自動車、AI搭載カーなど、自動車の技術はどんどん進化しています。

整備の現場はIT化、電子化によって作業内容も変化して、以前より作業が機械化・簡略化されています。

整備の際に使用する工具や機器は進化し、女性でも扱いやすいコンパクトなものが増えています。

女性にとっての働きやすさを真剣に考え、新しい制度づくりにも積極的に取り組む企業も増えているようです。

職場においても、女性用の設備を改善し、女性が働きやすい環境づくりを推進するなどの動きが見られます。 制度や体制面でも、出産後の復職や育児に対するフォローが検討されているところなどもあるそうで、各社でさまざまな取り組みがなされています。

今後はますます女性整備士の採用に積極的な整備事業場が増えていくことでしょう。

女子更衣室

★平成30年4月リニューアル!

活動報告写真

室内には冷蔵庫や電子レンジ、鏡付き洗面台などを完備。もちろん個人ロッカーもあります。各自に鍵を渡しますので着替えや休憩などにお使いください。

赤門を希望する女性に朗報です!!

女子入学制度

  • 1級自動車整備士科 入学金140,000 → 40,000円(100,000円免除)  
  • 2級自動車整備士科 入学金140,000 → 40,000円(100,000円免除)  
  • 3級自動車整備士科 入学金130,000 → 40,000円(90,000円免除)

バナースペース

赤門自動車整備大学校

〒980-0852
宮城県仙台市青葉区川内川前丁61

TEL 022-223-6031
FAX 022-223-5129